NEWS

日焼け止めは重ね塗り、塗り直しを

ちょっと油断するとすぐに火傷状態になってしまうような、強い日差しの日が多くなってきました。ちょっとくらい大丈夫だろうと、ケアなしで炎天下にいれば、ほんの一時間で真っ赤になってしまいます。

さて、知り合いが勝手におもしろい実験をしてくれたのでご紹介します。宮古島で行われたコンサートで、沖縄地方の強烈な太陽のもと、UV Natual日常用(SPF30+)を使用。外出前に塗ったそうなんですが、二度塗りした部分と一度しか塗らなかった部分に分けてみたそうです。

結果がこちら!
20160624_131417_HDR

赤矢印より手先は二度塗り。矢印よりヒジ側は一度しか塗らなかったそうです。二度塗りした部分があきらかに白いです。しかも、写していませんが、上腕~肩のあたりは汗をかくたびに拭いてそのままにしていたため、完全に日焼けして皮がむけまくっていました。

日焼け止めの有効成分は酸化亜鉛という鉱物の粉末です。しっかり日焼け止め効果を発揮するには、この酸化亜鉛をまんべんなく塗ることがポイントになりますが、均一に塗るには重ね塗りが大切。そして、触ったり、拭いたり、汗をかいた後はかならず塗り直してください。

ちなみに、UV Naturalにはこの有効成分の酸化亜鉛が24.8%含まれています。全成分の約1/4が日焼け止め成分です。市販の日焼け止めの酸化亜鉛含有量は通常6~7%程度、多くても10~12%程度です。UV Naturalがしっかり日焼け止め効果を発揮する理由はここにあります。

off

ご利用者の声を集めてみました

弊社でも定期的にモニター様からのご意見を頂戴しておりますが、
ほかにもレビューを頂いているサイトがあったのでご紹介します。

使用感、日焼け止め効果などご購入前にぜひご参考にどうぞ。
楽天みんなのレビュー
http://review.rakuten.co.jp/item/1/268884_10001860/2.1/
★★★★★
「他の日焼け止めに比べると金額が少し高いような気もしますが、1回の使用でその金額の高さがわかります。なくなる前にまた購入したいと思います。ありがとうございました。」
★★
「大容量です。匂いが気になります。かなりこっくりとしたクリームです。到着から毎日塗っています。まだ慣れませんが使い続けようと思っています。リピートは、半分以上使ってから決めたいと思います。」

アットコスメ
http://www.cosme.net/product/product_id/2902702/top

色んなご意見参考になります。ありがとうございます。

off

UV Naturalに使われているオイルのすばらしい効能について

紫外線がどんどん強くなる季節に突入しましたネ!曇っていても紫外線が強いので、日焼け止め塗り忘れて真っ赤に炎症起こさないようお気を付け下さい。

さて、UV Naturalにはさまざまな精油が使われています。植物から抽出したこれらのオイルは、アロマオイルとして使われているものも多く、心や体へのさまざまな作用があります。UV Naturalに使われているオイルが、肌にどのように作用するのかをご紹介します。

UV Natural日常用

マカダミアナッツオイル

年齢と共に減少すると言われるパルミトレイン酸とオレイン酸を多く含みます。肌へ浸透力がひじょうに高く、消えてなくなる油を意味する「バニシングオイル」とも称されています。べたつきが少ないのが特徴。乾燥肌、老化肌の修復や、皮脂、角質層の働きを正常にたもち、シワ、たるみを改善。

グレープシードオイル

刺激が少なく、敏感肌にも有用。肌質を軟化させ、有用成分や水分をしっかり閉じ込めてくれるパワーがあるので、ハリ、弾力、うるおいを維持してくれます。須脂肪酸やビタミンE、ポリフェノールなど、抗酸化作用のある成分も豊富です。紫外線によって発生する活性酸素をこの抗酸化作用によって押さえてくれる働きがあります。また、肌を引き締める作用もあるので、シワやたるみのような加齢により引き起こされやすくなる肌トラブルの対策としても効果的。

 

UV Natural SPORT

UV Natural SPORTには、撥水性、耐水時間アップのために上記オイルに加えてさらに3種類の精油が入っています。

ラベンダー

タスマニア真正ラベンダーに含まえれているリナロール、酢酸リナリル成分によって「抗炎症」作用があります。火傷と言ったらラベンダーと言われるぐらいですから。安全性も非常に高く、精油の中でも珍しく原液塗布可能です。

パチュリ

インドネシアに生息している植物です。40%以上含まれるパチュリーアルコールという成分は「抗炎症」の他に「肌組織再生」、「抗アレルギー」作用があります。また精油成分の粘度が高く、肌を保護する働きがあります。昔の人たちはパチュリの葉っぱを肌に擦り付けて日焼け止めをしていたという話もあります。

サンダルウッド

ウェスタンオーストラリアに生息するサンダルウッドを使用しています。非常に強い「保湿」作用があります。乾燥した肌、突っ張ったお肌への効果はトップクラスでしょう。また、含有されている成分、αーサンタロール、βーサンタロールはサンダルウッドにしか含まれてない希少価値の高い成分になっていて、替えのきかない精油のひとつです。

いかがでしょう!日焼け防止、日焼けによる炎症を抑える、乾燥を抑える、保湿を高めるといった作用が高く、これらのオイルが選ばれているのにはちゃんと理由があるのがお分かり頂けたかと思います。UV Naturalを使いはじめてから肌の調子がよくなったというご報告も多く、日焼け止め+美容液のような役割を果たしてくれるすばらしい日焼け止めなのです。

お取り扱い店一覧
http://uvnaturaljapan.com/stores/

オンラインショップ
http://www.c19.co.jp/
P1012788

off

インタースタイル展示会出展(2/16(火)-18(木))

パシフィコ横浜にて開催される展示会、インタースタイルに出展いたします。
弊社ブースにてサンプル配布いたしますので、
使ってみたい!という皆さま、ぜひお立ち寄りください。
関係者以外の一般のお客様もご入場いただける展示会です。

インタースタイル (ボードカルチャー&ファッション展示会)
会  期:2016年 2月16日(火)~18日(木)3日間
     10:00~19:00(最終日~17:00)
会  場:パシフィコ横浜 CDホール 
小間:708

くわしくはこちらをご覧ください
http://www.interstyle.jp/

UVN_Hands

off

EWGの2015年度ワースト日焼け止め

Sunscreen-Blog

環境問題全般をあつかうアメリカの非営利団体EWGの日焼け止め特設サイトはいつも参考にしていますが、今年も日焼け止め「HALL OF SHAME」、いわば、最悪殿堂入りの日焼け止めが発表されています。アメリカのサイトですので、アメリカブランドばかりですが、コパトーンやニュートロジーナなど、日本でもおなじみのブランドがちらほら。

ワースト日焼け止め(ローション)
Banana Boat Sport Performance Sunscreen Lotion, SPF 100
Coppertone Sport High Performance Sunscreen Lotion, SPF 100
Coppertone Sport High Performance Sunscreen, SPF 75
Coppertone Sport Sunscreen Stick, SPF 55
Coppertone Ultra Guard Sunscreen Lotion, SPF 70+
CVS Sport Sunstick Sunscreen, SPF 55
CVS Sun Lotion Sunscreen, SPF 100
CVS Sun Lotion Sunscreen, SPF 70
Neutrogena Ultra Sheer Daily Liquid Sunscreen, SPF 70
NO-AD Sunscreen Lotion, SPF 60
NO-AD Sunscreen Lotion, SPF 85
Ocean Potion Protect & Nourish Sunscreen Lotion, SPF 70

バナナボート、コパトーン、CVS(これはドラッグストアのプライベートブランドですね)、ニュートロジーナなど大手の化粧品がほとんどです。これらのブランドが選ばれた理由は以下の通り。

1.スプレータイプの日焼け止め
手の届かないところにも子供にも塗りやすいということで増えているスプレータイプの日焼け止めは、吸引すると危険な成分が入っていたり、また、湿布しやすいため、湿布量がすくなくなる傾向にある。

2.高すぎるSPF値
SPFはUVB波に対する数値で、より皮膚の奥まで届くUVAにはまったく関係のない数値。SPF値が高ければ日焼け止め効果が高いと思ってしまうため、必要以上に長く太陽にあたってしまうリスクも高まります。アメリカのFDAはSPF値の表記を50+までにしようと検討中。(UV NaturalのオーストラリアはSPF30+まで、日本は50+までしか謳えません)

3.オキシベンゾン
オキシベンゾンは日焼け止めにもっともよく使用される成分で、皮膚から吸収され血管に入るとエストロゲンのような働きをするので、ホルモンバランスに影響をあたえたり、アレルギーの原因にもなります。いくつかの研究では、子宮内膜症や、胎児の低体重の原因になっているとの報告もあります。(日本の日焼け止めにもよく使われている成分なので、成分チェックしてみてください。)

4.レチノールパルミテート

ビタミンAの一種で、肌を若々しく保つ効果があるのですが、日光にあたることで、腫瘍の成長を促進してしまうという政府の報告もある成分。

SOURCE:http://www.ewg.org/2015sunscreen/hall-of-shame/

off