「サンゴ礁に安全な日焼け止めを」ハワイ州が呼びかけ

Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加

bleachedcoral
最近の研究により、日焼け止めの化学成分が珊瑚に大きな影響を与えていることが分かってきていますが、ハワイでもこんな動きがはじまりました。

以下、リンク先の翻訳です。
DLNR: Use sunscreen safe for coral reefs
http://www.kitv.com/story/33017247/dlnr-use-sunscreen-safe-for-coral-reefs

ハワイのDepartment of Land and Natural Resources(土地と天然資源局)はビーチで遊ぶすべてのひとに、サンゴ礁に安全な日焼け止めを使うことを呼びかけている。ハワイ州職員は、「酸化亜鉛、または酸化チタン」を使用した日焼け止めを使うよう呼びかけるカードや看板を作った。日焼け止めに多用されるオキシベンゾンなどの化学薬品成分は、サンゴの幼生の奇形や、白化の原因ではないかと言われており、研究によると、サンゴの育成に安全とされている基準の30倍もの化学薬品が見つかっているという。珊瑚礁への悪影響は日焼け止めだけではないが、これは変化へのひとつの始まりである。
kitv